ご仏壇の知識

開眼供養の行い方

本尊、位牌に魂を入れてもらうのが開眼供養です

ご仏壇 新しく仏壇を購入した場合は、仏壇に祀るご本尊 や位牌に対して、開眼供養を行います。
この供養を行う事によって、ご本尊や位牌が霊験 ある「尊像」に生まれ変わり、仏壇を清めます。
開眼式の法要は宗派によって異なります。
「仏壇開き」「入魂式」「性根入れ」 「入仏式」「お移し」などとも呼ばれることもあ ります。
ちなみに浄土真宗では、「開眼法要」・「入魂式 」は営みません。
一周忌などに合わせて仏壇をご購入する場合は、通常は法要と同じ日に 開眼供養を行います。
その場合、開眼供養を済ませた後、法要を営みます。
最近は四十九日の法要で魂入れをすることが多くなっています。
お寺で法要を営むのであれば、本尊と位牌を持参して魂入れをお願いし、 帰宅後、仏壇に安置します。
開眼法要の流れは、読経と参列者の焼香 そして、会食または茶菓子の接待とな ります。
僧侶へのお礼(お布施)は年忌法要と同額が目安になります。
開眼法要とほかの法要をいっしょに営むときは、それぞれ別々のお礼をします。
例えば、それが一周忌の法要といっしょの場合は「開眼供養 御布施」と「一周忌御 布施」と表書きして包みます。
この場合の開眼供養の金額は、一周忌法要の半額程度を目安とします。
開眼法要だけをお願いする場合は、年忌法要と同額程度を包み奉書紙を用い、 水引をする場合は紅白の結び切りとします。
お祝い事なので白黒・双銀・藍銀の水引きは使いません。
また仏事なので、熨斗(のし)はつけません。

ご仏壇の安置場所へすすむ

各地域の仏壇店を調べる

礼拝壇

上に戻る
ご仏壇の知識
仏壇の意味
仏壇の歴史
仏壇の種類
仏壇の購入
仏壇の買い替え
開眼供養の行い方
仏壇の安置場所
仏壇のお供え
仏壇の礼拝の仕方
仏壇の構造
宗派別ご仏壇飾り
イー葬儀ハウスニュース・地域情報
Loading...