ご仏壇の知識

ご仏壇の歴史

本格的に庶民に普及したのは江戸時代から

ご仏壇 日本最古の仏壇は法隆寺の「玉虫厨子(たまむし のずし)」と言われています。
当時は貴族など ごく限られた階級の人々が祀っただけでした。
仏壇が祀られるようになったのは 『日本書紀・二十九巻』に「白鳳十四年(西暦六 八六年)、 諸国の家ごとに仏舎をつくり、仏像、 経巻を置き、礼拝供養せよという勅を天武天皇が 出された」ことが起原と伝えられています。
ちなみにその勅が出された3月27日は「仏壇の日」になっています。
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけては現代普及している様々な宗派が現れ、 民衆にも仏教の波が広がっていきますが仏壇を飾るまでには至りませんでした。
室町時代には書院造りという武家の住宅様式がおこり、床の間に仏具や掛軸が 飾られるようになりました。
ここに仏画を掛けたり、仏具を置いて礼拝するよう になりました。
江戸時代初期になると現在見ることが出来る仏壇が誕生し、急速に普及し始めま した。
徳川幕府の「宗門改め」、キリシタンではないことを檀家寺が証明する 「寺請制度」の影響から全ての人がいずれかの寺院の檀家になることを義務付け られました。
同時に、各家庭でも仏壇を安置し供養をすることが奨励されたこと により、今日のようにお仏壇が一般的になりました。

仏壇の種類へすすむ

各地域の仏壇店を調べる

礼拝壇

上に戻る
ご仏壇の知識
仏壇の意味
仏壇の歴史
仏壇の種類
仏壇の購入
仏壇の買い替え
開眼供養の行い方
仏壇の安置場所
仏壇のお供え
仏壇の礼拝の仕方
仏壇の構造
宗派別ご仏壇飾り
イー葬儀ハウスニュース・地域情報
Loading...