ご仏壇の知識

ご仏壇の意味

昔からご仏壇は家族にとって非常に身近にいる存在でした。
朝食を食べる前やいただきものをした時などはご仏壇に供え、
毎日家族全員で手を合わせていました。
今日も家族が元気に過ごせますようにとご先祖様や亡くなった親族をお祀りし、
対話をしていました。
私達の暮らしの中にあるご仏壇、それが持つ意味とは何でしょうか。

ご仏壇とは?

ご仏壇はいのちを祀る場所です。

ご仏壇 脈々と続く先祖代々のいのちを祀っているのが ご仏壇です。
本来、ご仏壇は仏教の信仰を深めるためのもので ご本尊を安置し仏様にお参りするのが目的となり ます。
ご仏壇の前で、合掌礼拝することは仏様に対して 心を向けることになります。
それを朝夕繰り返すことによって、日々の生活の 自らの心を洗い清らかにしていると、本当の自由、 幸福な生活に導かれていくことになります。
お仏壇の前で自分自身と仏様に向き合うことは、私たちの人生をより向上させ、 理想に向かう姿を生み出し、日々を強く明るく生き抜けるようになるでしょう。

昔、日本では朝起きて洗面を済ませて、神棚を拝み、仏壇に向かって ご本尊とご先祖に礼拝して灯明を点し、香を捧げ、お経を読誦していました。
お経を読誦すると心が安らいで清々しい気持ちになります。
長い間、日本人の「心の拠り所」となっているのが仏壇です。
そこでは細かな作法よりも、仏壇の前に座る時を増やすことが重要です。
お仏壇の前を開き、ご本尊を拝んでみて下さい。
ご先祖様への思慕、天地自然の恵み、すべてのことに感謝を捧げることは 各自の家庭を平和な極楽浄土にかえることにつながります。

ご仏壇は拝む人の心を映し出す鏡

ご仏壇 我々日本人は、仏様やご先祖様が見守って日々 一緒に暮らしているという感覚を少なからず抱い ているでしょう。
ご仏壇はいつもご先祖様がご覧になっている、仏 様が見守って下さっているという情操教育を育む 場であり、感謝と懺悔の心を培う家庭教育の礎と なります。
ご仏壇の前では人は服装を正し、姿勢を正し、 乱暴な言葉を慎みます。

それが子供の躾につながり、家族そろって仏壇に手を合わせる習慣となります。
その習慣は楽しい家庭、明るい社会を築く基礎になるでしょう。

仏壇の歴史へすすむ

各地域の仏壇店を調べる

礼拝壇

上に戻る
ご仏壇の知識
仏壇の意味
仏壇の歴史
仏壇の種類
仏壇の購入
仏壇の買い替え
開眼供養の行い方
仏壇の安置場所
仏壇のお供え
仏壇の礼拝の仕方
仏壇の構造
宗派別ご仏壇飾り
イー葬儀ハウスニュース・地域情報
Loading...